町おこし、地域振興をIT技術(観光・ご当地グルメ情報ポータルサイト運営、SEO対策)で実現するチームです。人々の想いをカタチにするためのアイデアと戦略を提案します。

町おこし 地域振興活動

地域の町おこし

テーマと活動内容

日本の地方が抱える問題

未来の「町おこし」の在り方

チームの技術内容

ポータルサイトの構築と運営

アイデアと仕組み作り

若者へIT技術の指導

チーム紹介

チームのプロフィール

お問い合せ

■ 京都オフィス
〒601-8187
京都市南区上鳥羽北村山町9

お問合せ:
tel:075-606-2989

相互リンク

スケジュール 定休日

ホーム > 未来の「町おこし」の在り方

現在、京都府を中心に町おこし(地域振興活動)を行なっていますが、地元の沢山の方々もそれぞれ活動をされています。小さなものから大きな規模のものまで、地元地域をなんとかして盛り上げたいという私たちと同じ想いで、お話しすると意気投合することがよくあります。しかし、多くの活動は単発的であり、予算も少なく、活動自体が小規模のため充分なPRが出来ないまま消滅するケースもあります。

ここからが大事な話です。
私の考える「町おこしと地域サイトの在り方」について述べさせていただきます。

【地域サイトの在り方】
規模の大きな行政系・観光系ホームページは多数あります。しかしながら専門家から見た場合、効果的な仕組みとは全く言えません。各サイトのコンテンツが最も重要ですが、出来上がってしまっているものなのですべてをリニューアルすることは実現不可能です。ただ、下記の仕組みなら少しの作業でもっと大きな効果が期待できます。

【消費単価の引き上げ】
今後、日本は人口減少という問題に100%直面します。景気の先行きも全く不透明です。これら要素が重なって観光客は減少していきます。
観光客を増やすためのアクションは大前提ですが、重要なことは「観光客の消費単価を引き上げる」ことだと考えています。観光地に行っても「他に行くところが無い」「どこに行けばよいのか分からない」と言った声を耳にします。
ホームページだけを例に挙げても、飲食店や観光名所、遊びスポットなどの周辺情報の紹介をしていない、または紹介されているがページを探せない(分かりにくい)などの問題があります。
さらに地域住民、関係団体、行政が一体となって地域をPRする仕組みづくりは当然ですが、「来てくれる人と迎える人」 やはり最後は”人”だということです。

【人材育成】
地元には優秀なエンジニア、Webデザイナー、DTPデザイナーがおられます。ただ、人数が少なく、様々なプロジェクトも抱えておられ、完成までに時間をかかる点が問題です。スピーディーな情報化社会において、処理容量をアップさせる人材育成は急務だと考えます。
地元の技術者・アイデアマンを中心に外部からも積極的に専門技術者を登用し、地元の人材を長期的に育てることにより、技術者のアシストは勿論、更新されていない(死んでいる)観光系ホームページを蘇らせること、消費単価を引き上げる仕組みを持たせた既存ホームページの改良「観光情報・イベント情報(告知と結果報告)・ブログの更新」を徹底的に運営できるプロ集団を形成することが重要です。

【共同体という考え方】
私たちの地域振興に対する考え方を地元の方とお話させていただくことが度々あります。皆さんそれぞれが地方の抱える問題を真剣に考えておられ意気投合することがよくあります。今まで数々の素晴らしい方々とお会いしてきました。
このような方々と組織とはちょっと違った形で、自然に輪を広げて行けるような活動をしていけば、枠組みを超えた大きな地域力を生み出すことが出来ると思うようになりました。
私はこのような輪を
「共同体」というイメージを持っています。ご参加頂く方は誰でも構いません。組織ではありませんので、実体も無く、上下関係もなければ、定期的な会合もありませんので、結束力は全くありません(笑)。ただ、一人一人の地元地域に対する想いがありさえすれば、大きな地域力を生み出すことが出来ると信じています。
私たちにはお役に立てる技術があり、それぞれの
想いをカタチにすることが出来ます。地域の仲間も沢山います。
行政、関係団体、地元の事業主の皆様と協力関係を築き、「町おこし(地元地域活性化)」という一つの目標に向かって同じ意識を共有できれば幸せですね!

 

トップページテーマと活動内容日本の地方が抱える大きな問題未来の「町おこし」の在り方
ポータルサイトの構築と運営アイデアと仕組み作り若者へIT技術とノウハウを指導
チームのプロフィールお問い合せ相互リンク

町おこし
サポートホームページ制作 京都