町おこし、地域振興をIT技術(観光・ご当地グルメ情報ポータルサイト運営、SEO対策)で実現するチームです。人々の想いをカタチにするためのアイデアと戦略を提案します。

町おこし 地域振興活動

地域の町おこし

テーマと活動内容

日本の地方が抱える問題

未来の「町おこし」の在り方

チームの技術内容

ポータルサイトの構築と運営

アイデアと仕組み作り

若者へIT技術の指導

チーム紹介

チームのプロフィール

お問い合せ

■ 京都オフィス
〒601-8187
京都市南区上鳥羽北村山町9

お問合せ:
tel:075-606-2989

相互リンク

スケジュール 定休日

ホーム > 日本の地方が抱える問題

地方が抱える問題はどれも深刻です。
ニュースでも頻繁に取り上げられている、人口減少、少子高齢化の問題は勿論ですが、観光客の伸び悩み、雇用問題、医療問題、教育問題が挙げられますが、大変なのはそれぞれ個別の問題ではなく、どれもが連鎖している点です。

雇用問題
地方すべてに言えることではありませんが、地方では働く場所が少ないのが現状です。若者たちは、高校までを地元で過ごし、
大学や専門学校へ進学する人たちの多くは教育機関の多い都市部に移動し、そしてそのまま地元には戻らず就職してゆきます。
さらに景気の悪化がこのような流れに拍車をかけている現状です。

人口減少問題
これは地方だけに限った問題ではありません。日本全体が抱える大きな問題です。
2050年には日本の総人口が1億人を割り込むと言われています。人口が減ることにより国民総生産の低下、消費の減少など様々な問題を引き起こしますが、観光地においては人口が減るのだから単純に観光客が減るということを意味します。観光に頼る地方においては深刻な問題となります。

少子高齢化問題
この問題も、地方だけに限らず、日本全体が抱える大きな問題です。
結婚する人の減少、一人あたりの生涯出産数の減少などが原因と言われていますが、上記「雇用問題」で述べたことに関連し、地方の状況は深刻です。若者は働き場所を求めて都市部に移動します。
地元に戻ってきたくても働く場所が数少ない。このような繰り返しが、地方の高齢化を加速化させてしまいます。

番外編)情報化社会への対応と地域活性化
インターネット回線速度、PCの普及率などは都市部との格差はそれほど大きなものではありません。IT系の技術力も都市部と変わらない凄腕のエンジニア、デザイナーは存在し、格差は全く感じられません。
しかし、都市部と決定的に違うのは「層の厚さ」です。都市部には優れた技術者が多くいるのに対し、地方ではその数が少ないです。良い人材を探すのに一苦労するということをよく耳にします。
インターネット分野において、地域振興事業を行なった場合、優れた技術者に依頼が集中します。結果、制作期間が長くなり、スタートが遅れてしまう・・・。
近年の超ハイスピードな情報化社会において、対応するためには
人材の育成(層を厚くする)が急務であり、ハイスピードな時代のニーズに付いて行く必要があります。

トップページテーマと活動内容日本の地方が抱える大きな問題未来の「町おこし」の在り方
ポータルサイトの構築と運営アイデアと仕組み作り若者へIT技術とノウハウを指導
チームのプロフィールお問い合せ相互リンク

町おこし
サポートホームページ制作 京都